強化ガラス保護フィルム

画像画像

強化ガラス

画像

fixでは、iPhoneの画面修理をされたお客さま全員に、強化ガラスフィルム
「TENPERED GLASS」を無料で貼り付けを行っております。

※製品スペック
硬度9H・ガラス透過率95%・厚さ0.33㎜・ラウンドエッジ加工・指紋防止加工・耐オイルコーティング
通常市販価格:2000円相当品

またガラス素材はフィルム素材と違い、貼りつける際も気泡が入りにくいので、フィルム貼りなどが苦手、という方でも安心です!

強化ガラスフィルムを貼るメリット

強化ガラスフィルムとは、衝撃を吸収し、画面に傷を付けにくく、ガラスなので透明度が高く画面が綺麗、などが特徴の高品質なフィルムのことです。
つまり、画面をむき出しで使用するiPhoneと比較すると、安心感が違います。

硬度9Hとは?

硬度とは物の”かたさ”の程度を数字で表したものです。
これは身近なモノですと鉛筆の芯が同じ規格で表現されています。
鉛筆のHはHARD(ハード:かたい)の頭文字からきており、数字が多いほど硬い鉛筆となります。これらはJIS(日本工業規格)という日本のすべての製品造りのもとになる国家規格の数値です。
ガラスフィルムも同じくJIS規格の数字で硬さを表しています。今回fixでは、iPhoneの画面修理をされたお客さま全員に、この硬度「9H」強化ガラスフィルムTENPERED GLASSを無料で貼り付けを行っております。
JIS規格「硬度9H」は現在市販されている強化ガラスフィルムの中で最高の硬度です。

強化ガラスフィルムの厚さ

最強の硬度「9H」でも、ガラスが厚すぎたらiPhoneケースやバンパーなどが入らなくなってしまいますが、fixの強化ガラスフィルムの厚さはわずか「0.33㎜」です。

ラウンドエッジ加工とは

ラウンドエッジ加工とは、強化ガラスフィルムの端に丸みを加えた技術のことです。
硬い強化ガラスの手触りを手になじむように加工することで、メリットはたくさんあります。
1. iPhoneを握ったときの感触はなめらかで、毎日使う事にも気になりません。
2. iPhone保護ケースや人気のバンパーなどの邪魔をせず、スムーズに使用できます。
3. iPhone本体との見た目にも、一体感があります。
4. 落とした時の衝撃の強さを、丸みにより和らげる効果が期待できます。
5. 万が一、割れてしまってもガラス片の飛散防止に効果があります。

強化ガラスの貼り付け方法
画像

1.表面のクリーニング

最初に付属のウェットシートで皮脂や指紋などの汚れをふき取ります。
次にドライシートで余分な水分や表面のホコリも取り除きます。
拭き残しがないようにチェックしましょう。
画像

2.貼り付け位置を決定

強化ガラスの剥離シートを全て剥がし、裏面(接着面)を下向きにして、本体の外枠に合わせ位置を決めます。
位置が決まったら強化ガラスを液晶画面にそっと軽く置きます。
位置の微調整もまだ可能です。
画像

3.強化ガラスの貼り付け

指で強化ガラスの中心を軽く押すと自然に貼りついていきます。
画像

4.表面をクリーニングし貼り付け完了

付属のクリーニングクロスで軽く押しながら整えます。
気泡ができていた場合は外へ押し出します。
これで貼り付け完了です。
画像
画像