修理の流れ

画像画像

修理の流れ

1. 直接ご来店ください

事前予約は不要です。直接ご来店ください。ご不明な点がありましたら、事前にご遠慮なくお電話下さい。

受付時間10:00~19:00 不定休 (不定休があります 店舗カレンダーをご確認下さい)

2. 受付時に動作の確認をします

修理前の状態をお客さまと確認をします。この時に修理内容によってパスコードロックをかけているお客様にロックナンバーを伺う場合がございます。
データには一切触れませんのでご安心ください。

3. お見積りと作業時間をお伝えします

ご依頼いただいた内容から修理料金のお見積りと作業時間の目安をお伝えします。
ご不明点やご要望がありましたらご遠慮なくお申し付けください。

4. 修理に入ります

iPhone修理は不具合箇所のパーツ交換修理となりますので、個人データやアプリ等のデータ領域には一切触れません。
データは変更なく残りますが、ご不安な方は必ず事前にバックアップを作成の上ご来店ください。

5. 修理後の確認作業になります

iPhone修理完了後、受け取りの際にお客さまには動作の確認をお願いします。
画面修理のお客様であれば、液晶画面に乱れはないか?タッチがしっかり反応するか?をご確認ください。

    

6. お支払となります

現金またはクレジットカードでのお支払いが可能です。
(当店対応のクレジットカード種類)

画像

Visa・MasterCard・JCB・AmericanExpress・DinersClub・Discover

30日間の無料修理保証が付きます

・iPhone修理専門店fixでは、修理個所に対して修理日より30日間の無料修理を保証いたします。
・保証期間中に通常のご使用による不具合が万一発生した場合、無料で再修理いたします。
・再修理には、お客様のiPhone本体と前回修理時の当店発行レシートをご持参ください。
 (保証対象外)
・当店発行のレシートをご提示いただけない場合
・当店修理個所でない場合の不具合
・水没、落下、破損など通常のご使用による不具合でない場合

修理依頼時の確認事項

1. 当店の修理サービスは、メーカー正規外修理となります。
そのため、修理後にメーカー及び通信会社の一部補償が対象外となる場合があります。

2. 修理は、当店で手作業により行うため修理後のiPhoneが工場出荷時の新品と完全に同じ品質になることを保証するものではありません。

3. 全ての修理は、電源オフの状態で作業をおこないます。そのため再起動時にOS・アプリ等が自動的にアップグレード(更新)される場合があります。

4. 修理にあたり、お客様のデータ領域には一切触れる事はありませんが、データ変化や消失について当店は一切の責任を負いません。ご不安な方は、お客様ご自身でバックアップの作成をお願いします。

  5. 当店の修理交換パーツは、厳しい審査基準をクリアした再生純正品または、高品質互換品を使用しています。

6. 落下などの強い衝撃の故障の場合、iPhone内部の基盤上の電子チップ、ケーブル等が修理前にすでに破損・断線している場合があり、分解修理を行うことで新たな不具合が生じる可能性もあります。その不具合に関しては一切の責任は負いません。

7. 大きくフレームに凹みや歪みがある場合、整形作業を行います。その時多少の傷が発生する事や、修理完了後にフレームとフロントパネルの間に隙間やズレが生じる場合があります。

8. お客様にて事前に取り付けられた、液晶保護フィルム・本体カバー・ボタンシール・その他装飾品は、修理作業の際に取り外し処分させて頂く場合がございます。

9. 強い衝撃の加わったiPhoneは、時間の経過とともに症状が悪化する場合があり、このような時間の経過に伴う新たな不具合に関しましては一切の責任は負いません。

10. 修理時に取り外しました故障パーツは、お客様の返却のご要望がない場合、当店にて責任を持って処理いたします。その際一部の故障パーツは高度再生技術により初期化したあと再生品としてリサイクルさせていただく場合があります。

11. お預かり後の修理中に内部損傷が想定していた以上の状態の場合、修理作業を中止させて頂く事があります。ただしその場合修理料金はいただきません。

12. 受付時にお伝えする作業完了予定の時刻は目安としてお聞きください。分解修理中に外観からは判断ができない故障がみつかる可能性もあり、予定よりお時間をいただく場合もあります。

13. 当店の修理箇所に不具合のある場合に限り、修理日より30日間の無料再修理の保証を致しております。なお修理代金のご返金はいたしませんので予めご了承ください。 再修理には、お客様のiPhone本体・前回修理時の当店発行レシートをご持参ください。

14. 水没修理は、復旧成功の有無に関わらず基本料金がかかります。基本料金には、内部の分解・内部クリーニング・基盤の洗浄・腐食の除去・電気的接点の機能回復処理・内部乾燥処理などの作業が含まれます。

15. 一度でも水没し故障したiPhoneは、その後復旧に成功しても液晶画面にスジや色むらが残るなどの画面不良や、バッテリーの交換が必要になる場合があります。故障品の交換修理には、交換修理費用が別料金で発生いたします。

16. 水没したiPhoneは、時間の経過とともに症状が悪化する場合があり、このような時間の経過に伴う新たな不具合に関しましては一切の責任は負いません。
  (例)修理作業前には電源が入ったが、修理作業後に電源が入らなくなった。など

17. 修理にあたり、所有者や端末を特定できない範囲で、修理画像を事例紹介に活用させていただく場合があります。

18. 今回の修理に関しまして、知り得たお客様の個人情報は個人情報保護方針および関係法令に基づき適切に取り扱います。

19. 修理にあたり、いかなるトラブルに関しましても損害賠償は、依頼修理代金の範囲内とします。


iPhoneバッテリー交換

画像

充電出来ない、充電してもすぐに使えなくなる、などのiPhone(あいふぉん、アイフォン)修理専門店fixは、本厚木駅の南口から、徒歩3分の場所にあります。
本厚木駅より徒歩3分という非常に立地の良い場所なので、小田急線沿線の中高生の生徒さん方はもちろん、遠方から来る大勢の大学生さん、専門学校生さんのバス通学、予備校生さん達の通学経路となっていますので、学生さん方にとってはとても利便性の良いお店です。

本厚木駅を中心に、東京農業大学 厚木キャンパス、神奈川工科大学、東京工芸大学 厚木キャンパス、松蔭大学、湘北短期大学、厚木看護専門学校、関東歯科衛生士専門学校、厚木文化専門学校、YMCA健康福祉専門学校、ソニー学園 湘北短期大学・・などなど数多くの学校があり、まさに学生さんの町という感じです。

そんな、学生さん方の持ちこみ修理の内容に多い一つがバッテリー修理です。修理件数の第二位に入り、修理全体の30%になると言われています。 
iPhone(あいふぉん、アイフォン)を充電しているのにすぐに使えなくなる、または充電自体が出来ない、iPhone(あいふぉん、アイフォン)が起動しない、などはバッテリーの不良が考えられます。
iPhone(あいふぉん、アイフォン)のバッテリーはリチウムポリマーと呼ばれる成分で出来ており俗に言うリチウムバッテリーと呼ばれる製品です。リチウムは今まであったマンガンや、ニッケルなどを使ったそれまでの充電式電池などとは全くの別物です。
通常電池とは、内部の物質が化学変化を起こす事で電気が発生し、それを取り出し電池として使用するもので、内部の物質が全て“化学変化”を起こし切った場合はそこで寿命となり終了です。
ところがリチウムは化学変化を起こすのではなく、内部の物質の中で分子が“移動”をする事で電気を発生させているのです。“移動”をする事で電気が発生するので、そもそも化学変化を起こしていないのですから、何度でも繰り返し、繰り返し使う事が出来ます。
その為、今までの充電式電池と使い方も異なります。
古い携帯などをまだバッテリーが残っていても、明日のために夜の間に充電して寝る。そして朝、充電器から取り出し使う。使い切らず夜また充電する。これを繰り返していると、だんだん携帯を使える時間が短くなり携帯の調子も悪くなる。今までの古い携帯などを使ってこられた方に一度は経験があると思います。これはバッテリーの“メモリー効果”と呼ばれる現象で、充電式電池には必ず起こる現象でした。これは、バッテリーの寿命を著しく悪化させ携帯だけでなく、充電式家電製品のもっとも大きなデメリットでした。
 リチウム電池はと言うと、逆に途中で使い切らずに充電する事が良いのです。
内部で移動を繰り返す為には電池内部が常に活性化している事が最も良い状態な為、常に充電されている(電気がある)ことが一番良い状態なのです。まったく今までの電池とは逆の製品になります。電池の量は残して充電、が基本です。
ただしこれはバッテリーに限って言った事などで、iPhone(あいふぉん、アイフォン)等のスマートフォンはPCなどと同じなので、常に電源が入りっぱなしで充電をしている(稼働している)よりも、たまに電源OFF(シャットダウン)にして充電をしたほうが、iPhone(あいふぉん、アイフォン)の為にもバッテリーの為にも良く、調子の悪い方にもお勧めの解消方です。
そんな高品質なiPhone(あいふぉん、アイフォン)バッテリーにも寿命は必ず訪れます。
使用方法にもよりますが、だいたい平均的には2年ほどです。
バッテリーの寿命は使用頻度で決まります。バッテリーの使用頻度とは充電した回数です。
なので、蛍光灯の電球交換と同じく使い方で寿命が決まりますので、たくさん使われる方は早めのバッテリーの交換をお勧めいたします。


水没修理

画像

水没したなどのiPhone(あいふぉん、アイフォン)修理専門店fixは、本厚木駅の南口から、徒歩3分にあります。
本厚木駅より徒歩圏内という非常に立地の良い場所なので、小田急線沿線の中高の生徒さん方はもちろん、遠方から来る大勢の大学生さん、専門学校生さんや予備校生さん達のバス通学経路となっていますので、学生さん方にとってはとても利便性の良いお店です。

本厚木周辺には東京農業大学 厚木キャンパス、神奈川工科大学、東京工芸大学 厚木キャンパス、松蔭大学、湘北短期大学、厚木看護専門学校、関東歯科衛生士専門学校、厚木文化専門学校、YMCA健康福祉専門学校・・などなど数多くの学校があり、まさに学生さんの町という感じです。

そんな、学生さん方の持ちこみ修理の内容に多い一つが水没修理です。修理件数の第三位に入り、修理全体の15%になると言われています。 そしてその中でも6~7割の方が女性の修理依頼となっています。これは、女性は男性と違いバックを持ち歩く事から、洗面台やトイレなどで、バックからハンカチやティッシュなどを取り出そうとして、iPhone(あいふぉん、アイフォン)。iPad(あいぱっど、アイパッド)などのタブレットを誤って洗面台や便器内に落としてしまう、という事などが原因の一つです。

他にはやはり女性はネイルをしている方が多くいらっしゃるので、指先からスベリ落ちるなどが考えられます。
夏場になり、海のシーズンになりますと水没修理の件数はさらに増えてきます。そして海水の水没は水没の中でも最も深刻な症状となります。なぜなら海水に含まれる塩分は純粋な水(H2O)よりもはるかに電気をよく通す物質だからです。電気を良く通すと言う事は、iPhone(あいふぉん、アイフォン)内部の心臓部である電子基盤などの部分でショートを起こす、という事です。

電子基板とはICチップなどの取り付けられた、ロジックボードとも呼ばれる、PCで言うならハードディスクドライブの様な、iPhone(あいふぉん、アイフォン)の最重要機器の事です。ここが海水や汚れた水、水分に含まれる異物などでショートを起こすと、致命的な損傷となり復旧の作業も困難を極め、復旧の確立もかなり低いものとなります。

水没修理の復旧は、水没後の応急処置が迅速で適切であるほど、復旧の確率は上がることになります。 それでは、万が一iPhone(あいふぉん、アイフォン)を水没させてしまった場合どうするか。

①まだ電源が入った状態なら電源をOFFにする。以後絶対に電源をONにしない。
②自然に電源が切れたのなら、そのままにする。確認しようとして電源を入れたりしない。
③iPhoneを振ったり、ドライヤーでむりやり乾かそうとしない。
④修理までに時間が掛かりそうなら、そっと水を切ってビニールなどの密閉できる袋に、
 お菓子などに入っている乾燥材と一緒にiPhoneを入れる。
⑤この状態でなるべく早く修理店などに持って行き、適切な処置をしてもらう。

現在は本厚木の当店を含め、ほとんどの主要都市部にはiPhoneの修理店がありますので、料金の違いはありますが、早く修理するほど復旧の確率が上がる、というのは水没修理の基本となります。当然の事ですがアイフォンが壊れてしまうと修理店の検索が出来なくなってしまいますので、普段何気ない友達との会話などで、iPhoneの修理店の場所や料金などの評判をチェックされているとよろしいのではないでしょうか。

画像
画像